セミナー・イベント情報

【2022/3/3ウェブセミナー開催】AzureADをIDaaSとして使う ~二要素認証やゼロトラストへの対応~

本セミナーは、Webセミナーです 

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

二要素認証やゼロトラストへの対応など、必須となったIDaaS

Salesforceはセキュリティの強化を進めており、その一環として2022年2月からSalesforceへのアクセス時にMFA(多要素認証)が必須になりました。

また、クラウドサービスやテレワークの普及、ランサムウェア被害の拡大などの背景から、「ゼロトラストセキュリティ」への移行が求められています。

その際、認証基盤の機能をクラウドで提供するIDaaS(Identity as a Service)の導入が必須になります。

AzureADをIDaaSとして使う

IDaaSとしては、国内、海外の様々な企業からサービスが提供されています。

しかし、Microsoft365の一定以上のプランにはAzureADが付加されており、実はこれをIDaaSとして活用することが可能です。

本セミナーの最初のセッションでは、AzureADをIDaaSとして活用する方法や、導入に関する具体的なポイントについて解説します。

AzureADを補完してセキュリティを強化する(Keygateway、Keyspiderの紹介)

また、AzureADの機能を補完して、以下を実現する方法やサービス(Keygateway、Keyspider)について解説します。

・AzureADの認証で、自宅などテレワーク環境から、社内ネットワークにセキュアにアクセスする

・AzureADの認証で、社内システムにシングルサインオンする

・AzureADと、様々なクラウドサービスのIDを同期させる(統合管理する)

・AzureADと、社内システムのIDを同期させる(統合管理する)

 

開催概要

テーマ

AzureADをIDaaSとして使う ~二要素認証やゼロトラストへの対応~

日時

2022年3月3日(木)16:00~16:55

主催

かもめエンジニアリング株式会社

共催

株式会社スタイルズ

会場

Zoom(事前登録制)
当日にメールでURLをご連絡します。

参加料

無料

詳細内容

こちらよりお申し込み下さい

製品紹介動画

​ ​ ​