fullflexシリーズ

1998年より国内通信事業者などで広く導入され、インターネット創成期から今日までに、規模の大小に関わらず国産RADIUS製品の代表的ブランドとして、多くのお客様に採用されている「fullflex」シリーズ。かもめエンジニアリングが扱うRADIUS製品の2ブランドは、国産主要ブランドのうち約半分のシェアを誇り、認証や大量データ処理の分野において、より多くの価値をお客様へ提供できる製品となっています。

fullflex KG

fullflex KG3つの特徴
「KVSエンジン」を採用により、高速処理と高い耐運用性を実現

かもめエンジニアリング開発製品の「KFEP」にも採用し、多くのキャリア様での導入実績がある「KVSエンジン」を内部データ処理へ組み込むことにより、高速処理と高い耐運用性の実現が可能となります。また、スケールアウト方式でシステムを拡張することにより、ユーザ数の増加による要求性能拡大への対応、他の認証システムの巻き取りによる認証システム全体のスリム化を実現も可能となります。

実績の豊富な「fullflex」製品の機能を継承

インターネット創成期からRADIUS認証サーバとして多くのお客様によるご利用実績が蓄積された「fullflex」の機能を継承し、大規模認証システム向けだけではなく、企業向けの中・小規模の認証システム向けにも使いやすい機能を提供しています。

日常の運用を支援する「Web GUI」

・直観的なオペレーションにより、認証サーバの設定や運用の負荷を低減
独自開発の「Web GUI」を使用することで、従来の設定ファイルにより行っていた認証属性や応答時の付加属性、またProxyサーバとしての設定についてもその手間を削減します。さらに、登録ユーザやNAS(クライアント)情報も「Web GUI」より運用を停止することなく、追加、変更、および削除することが可能です。

・サーバ稼働状態の参照
接続ユーザのステータス(セッション情報)についても参照が可能で、接続開始時刻や接続元のNAS情報、払出したIPアドレスの情報などを確認することが可能です。また「認証ログ」「課金ログ」「動作ログ」「詳細ログ」などのログファイルについても参照するとともに、「日時」や「ユーザ名」などのキーワードで検索することもできるなど、操作性にも優れています。

fullflex KGとfullflex KG Light

小規模から大規までの認証システムに対応した2種類のサーバ製品を用意

エンタープライズから通信キャリアまで、幅広くお使いいただける拡張性をもった「fullflex KG」の標準パッケージ(最小の基本ライセンス数は、5,000ユーザライセンス)と、最小の基本ライセンス数を1,000ユーザライセンスに設定し、認証機能のみに絞った小規模システム向けの「fullflex KG Light」製品パッケージを用意。「fullflex KG」製品では独自機能の追加や、ユーザ数やインスタンス数に関係なく、システム毎に設定できる拡張ライセンス(カスタムライセンス)も対応できる仕様にしています。

標準機能一覧
機能 標準版 ライト版
Home RADIUS
PAP/CHAP認証
任意属性指定による認証
アカウントロック、アンロック ×
特定のNASをグループとして管理
特定のユーザをグループとして管理
同時接続数制御 ×
アカウント有効期限制御 ×
IPアドレス払出し(動的/静的)
任意の応答属性を付与
任意属性によるセッション情報管理
セッション情報のリアルタイム同期
Proxy RADIUS
レルム判定 ×
複数転送先への転送方式制御
(ラウントロビン/プライマリセカンダリ)
×
転送時、応答時の任意属性の編集 ×
ホーム機能へのフェイルオーバ(On/Off) ×
データ管理    
無停止スケールアウト ×
ユーザ情報の動的な読み込み
ロギング
動作ログ、認証ログ、課金ログ、詳細ログ
出力制御(認証ログ、課金ログ、詳細ログ)
出力項目設定(認証ログ、課金ログ)
Syslog出力(上記ログ出力失敗時のSyslog通知)
管理GUI
ユーザ情報の設定
NAS情報の設定
RADIUSサーバ動作設定
認証ステータス(セッション情報参照) ×
ログの参照と検索
その他
IPv6対応(通信、パケット内IPv6データ)
ヘルスコード応答
管理コマンド
○:標準機能 △:機能制限あり ×:未対応
お客様のニーズに沿った製品サポート

・Q&A対応
お客様において発生した障害の原因究明や、運用に関する技術的なお問い合わせ対応。
※ハードウェアやOS等に関しては範囲外とさせていだきます。
※オンサイト対応や現地での作業は含まれておりません。
※「fullflex」旧製品についてもお問い合わせも受け付けております。

・バグフィックス
明らかな不具合があった場合、修正版またはパッチのご提供を行います。

・サポートポリシー
次期バージョンリリース後、原則として旧製品に対して2年間のメンテナンスを行います。
製品販売終了後、5年間はサポートサービスのご提供を行います。
製品が使用するOSのサポートが終了した場合は、原則として製品サポートの提供を終了させていただきます。
※ OS更改時に低価格で最新OS対応の製品をご導入いただける「OSアップグレードパス」をご提供します。

ご相談・資料などお問い合わせはこちらから

fullflexシリーズについてのご相談、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。