Web セミナー

【9/24合同ウェブセミナー開催】企業の認証基盤は、クラウド(IDaaS)でここまでできる

~完全テレワークに備え、SaaSだけでなく、社内ADや社内業務システムと、認証連携、ID連携する~

2020年9月24日(木) 13:00〜14:30

本セミナーはWebセミナーです
近年、「クラウドファースト」の方針の元、認証基盤もクラウドで実装したいという企業が増えており、IDaaSが注目されています。
今回は、GMOグローバルサイン社のIDaaS「TrustLogin」を販売されている株式会社アクシオさま、Keyspider Japan LLC様、かもめエンジニアリング株式会社の3社合同で、以下のテーマでお送りします。

IDaasとは
IDaaSとは、フェデレーション/シングルサインオンやID管理の機能をクラウドサービスとして提供するものです。
多数のクラウド・オンプレミス上のシステムに対するID情報やアクセス権限などをクラウドにて一元管理し、さらに多要素認証などでセキュリティを強化します。
近年、「クラウドファースト」の方針の元、認証基盤もクラウドで実装したいという企業が増えており、IDaaSが注目されています。

完全テレワークに備え、社内ADや、社内業務システムとのフェデレーション/シングルサインオンする
一般的にIDaaSは社内システムとの連携が苦手です。
IDaasは基本的には、異なるインターネットドメイン間でユーザー認証を行うためのプロトコルであるSAMLという認証の仕組みを使用しています。
しかし、社内システムは、SAML対応していないものも多くあります。また、社内のユーザー情報やパスワードについては、AD(Active Directory)で統合管理している企業が多いと思います。その場合、IDaaSとADとの連携も必要になります。本セミナーでは、月額100円から利用できる 国産IDaaS「トラスト・ログイン」をご紹介するとともに、Office365や G Suiteなどとのフェデレーションはもちろん、社内ADや社内業務システムとどう認証連携していくのか、その方法について解説致します。

複雑なID連携もクラウド(IDaaS)で実現、権限や組織も同期
また、多くのIDaaSはフェデレーション(認証)に重点が置かれており、ID連携(プロビジョニング)の機能は、無いか簡単な連携のみ(複雑な編集処理はできない)であることが多いのが実情です。
本セミナーでは、社内の人事システムや、様々なクラウドサービス、社内の業務システムと、ID、パスワードはもちろん、所属組織や権限情報なども同期することができる、国産ID管理マネージドサービス「Keyspider」についてご紹介致します。

※ 本セミナーは、エンジニア向けのものではありません。

開催概要

テーマ

企業の認証基盤は、クラウド(IDaaS)でここまでできる。完全テレワークに備え、SaaSだけでなく、社内ADや社内業務システムと、認証連携、ID連携する

日時

2020年9月24日(木)13:00~14:30

主催

かもめエンジニアリング
Keyspider Japan LLC

協力

株式会社アクシオ

会場

Zoom(事前登録制)

当日にメールでURLをご連絡します。

参加料

無料

詳細内容

製品紹介動画